ビストロ トースター。 おしゃれになったパナソニックのトースター「ビストロ」は買って損なし。厚切り冷凍食パンの熱々トーストと極上の焼き芋に感涙!

トースター ビストロ トースター ビストロ

⚔ 焼きいもメニューより甘みが増して、舌で溶けるかのようなしっとり感。 メディア向けセミナーで体験!「NT-D700」の実力 今回発表されたNT-D700は、1999年に登場した「NB-G100」をベースに、現在までマイナーチェンジを繰り返しながら販売されてきた「コンパクトオーブン」の7代目となるモデル。

16
表面をカリッと香ばしく焼き上げる遠赤外線ヒーターと、中までしっかり火を通して温める近赤外線ヒーターの2種類を3本使うことで、一般的なトースターにありがちな 「表面はこんがり焼けているのに中が冷たい」失敗がないよう設計。
トースター ビストロ トースター ビストロ

👣 もちろんトーストを焼くときも同じなんですけれど、中に赤いお芋が並んでいるのを見るときの心の弾み具合は別格。

アルミホイルに包んだり、かぶせたりする必要もなく、そのまま庫内に並べればOK。 さくっと食べちゃいたい 朝食や昼時にコレは本当に便利です。
トースター ビストロ トースター ビストロ

🐾 そして、 中はしっとりふわふわ~。 「ビストロ」 NT-D700の「ここは及第点!」. 近赤外線は遠赤外線よりも食品内側に熱(エネルギー)が浸透しやすいという性質を持っているので、庫内上部に遠赤外線ヒーターと近赤外線ヒーター、下部に遠赤外線ヒーターを配置した「遠近トリプルヒーター」なら、食品の表面をほどよく焼き上げながら中まで熱々に加熱することができるといいます。 パンは ちょうど良くこんがり、 黄身は半熟の理想的な焼き上がり! カリッとこんがり焼けたみみをちぎって 半熟の黄身をディップして食べるのが最高すぎるんです。

14
一般的なオーブントースターと同様に、トーストやピザを焼いたり、フライものの温めができるのはもちろん、カップケーキやクッキーなどのお菓子を焼き上げることも可能。
トースター ビストロ トースター ビストロ

⚓ トースターは電熱ヒーターで食パンを焼く構造上、ヒーターの下部分だけ強く焼ける製品も多いのですが、ビストロ NT-D700は2枚とも全体的にムラなくキレイに焼けています。

¥27,999 冷凍ピザだってビストロ級 市販の冷凍ピザを、「冷凍ピザ」モードで焼いてみました。
トースター ビストロ トースター ビストロ

🤐 パネルやダイヤルの操作部も、シンプルでオシャレ! 「Bistro」のロゴ下にある、視認性の高いドット液晶のパネルが、メニューや時間をお知らせします。

破裂を防ぐために、皮にフォークで数か所穴を開けてから 「じっくり焼きいも」メニューでスタート! 残り時間が計算されて、液晶画面に表示されます。 言わずもがな、厚切りトーストは極上のうまさでしたが、ぜひとも冷凍食パンを試していただきたいです。
トースター ビストロ トースター ビストロ

✇ 続いてメンバーが試食するのは、惣菜パンの定番とも言えるカレーパン。

6
しかし、NT-D700で焼いたチーズトーストを手で割った時、チーズがまったく違う状態であることに気付きました。 外はサクっ、中はふんわりを実現した黄金比トーストのキモとなるのは絶妙な焼き加減!これまでのトースターでは、焦げたり焼きムラがでてしまったりと、焼き加減に苦労した経験はありませんか? そんな方におすすめしたいのが、Panasonic最新の「オーブントースター Bistro(ビストロ)NT-D700」。
トースター ビストロ トースター ビストロ

🤑 普段は魚焼きグリルで焼いているわが家では、まさにその失敗が多いので、この機能だけでもう欲しくなっちゃいました! もちろん、ただの冷凍食パンだけでなく、難しい「厚切り」食パンや、クロワッサン、市販の冷凍ピザにも対応しているとのこと。 後ろもブラックで全面統一!• 約90分で完成!自然の甘さでここまで甘くなるのか?!と、びっくりするほど甘く「スイートポテトみたい!」との声が続出! 子供のおやつにも大喜び間違いないですし、自然の甘さなので体にも優しく、いいことづくめです。

19
ドアを開けると、美味しそうに焼きあがった食パンが! 厚みが違ったので、焼き色が強いところもありますが、ほぼ均一に焼けています。 これがオートでできるなら、一週間連続で食べます(笑)」 パンを焦がさず、黄身だけを半熟に仕上げられるのも、遠赤外線と近赤外線を組み合わせた『遠近トリプルヒーター』の実力。