八幡 葉山 ss。 葉山隼人は比企谷八幡に告げる

Ss 八幡 葉山 Ss 八幡 葉山

☮ 葉山くんに失礼だ!」 葉山(結衣は素でこれだからな。 (壁ドン 葉山「俺は本気なんだ…君の事を愛してる…好きだ比企谷…俺と付き合ってくれ…」 八幡「お前…正気か?そして目がやばいぞ…」 葉山「俺は入学してからずっと君の事だけを見てきた。

1
依頼なんて普段は全然こないしな」 葉山「そういうものなのか。 葉山だ。
Ss 八幡 葉山 Ss 八幡 葉山

😭 どうしたの?お兄ちゃん。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• それは怒りと嫉妬を込めたような目線だった。

10
行きましょうか」 由比ヶ浜「うん!」 【図書館】 ペラペラ 八幡(なかなか見つからねーな) ボソボソ アノヒトカッコヨクナイ? お前が持ってくる相談事なんてろくな事が無い。 ゆ、ゆきのん!花火綺麗だね!」 雪乃「そうね。
Ss 八幡 葉山 Ss 八幡 葉山

🤙 俺なんかいつも失礼されてんだぞ) 八幡「それじゃ俺は買うもの買って帰るわ」 葉山(雨…雷………) 葉山「…途中まで一緒に帰らないか?」 八幡「なんでだよ…俺はプリンと傘買って帰るんだ………あっ」 葉山「どうしたんだ?」 八幡「………財布忘れた」 葉山「君は変なところで抜けているんだな。

8
次は俺が気持ちよくなる番だ」 八幡「…くっ……痛いっつってんだろ変態が…」 葉山「…んっ!これは……」 八幡「……え…?」 葉山「さすがは比企谷、一味も二味も違うな。 小町に吐いゲロッちゃったほうが気が楽になるよー。
Ss 八幡 葉山 Ss 八幡 葉山

👆 それと笛がなる直前に俺の頭にものすごい衝撃が走った。 下位者が俺だ。

11
決められたレールの上を幼少の頃から歩かされた。 葉山「いくよ・・・八幡」 そして葉山のジャベリンを八幡の菊問に無理やり押し込む 八幡「痛っ・・痛い!ァっ痛い!」 その痛さに八幡は大粒の涙を流した。
Ss 八幡 葉山 Ss 八幡 葉山

😃 比企谷もかわいそうだ) 葉山「そろそろ先生もくるし席に着いとこうか」 由比ヶ浜「??う、うん?」 〜1日終わって放課後〜 八幡(つ、疲れた) 葉山(暇だったな) 三浦「隼人今日部活休みだよね?帰りどっか寄ってこーよ」 戸部「いいねそれ!優美子キテるわー!」 三浦「だっしょ!どこ行こっか?」 八幡「す、すまない。

でも、雪ノ下さんは君のことが好きみたいだ。 お前もよく雪ノ下姉妹と幼馴染なのにそんな性格良く育ってきたな」 葉山「その言い方はあの2人に失礼だぞ」 八幡(別にいいだろ。
Ss 八幡 葉山 Ss 八幡 葉山

😂 」「「お願いしまーす」」 八幡「おい、相手の平均身長180はいってるだろ、こんな話聞いてないねえよ」ヒソヒソ 葉山「俺はちゃんと言ったぞ?強豪って」キッパリ 八幡「詐欺師め・・・」 ピー 八幡(始まった、まずは相手チームからのキックオフ。

18
じゃあ小町が驚くような正解じゃないとこれからご飯抜きだからね!」 八幡「ああ。
Ss 八幡 葉山 Ss 八幡 葉山

🤲 やっほー!」 八幡(遅かったか……)チッ 陽乃「アレ~こんなに綺麗なお姉さんに会ったって言うのに舌打ちとは許せませんな~」ツンツンプニプニ 八幡(や、やわら……じゃなくて……) 八幡「えーと……用件は何ですか……」 陽乃「雪乃ちゃんをからかいに来たの~。 619• 感情に任せて手が出たのは。 外して欲しい時は俺に頼むんだぞ。

4
ただ間違えるな。 ゾクッ なんだか今、視線を感じた。