半沢 直樹 2 感想。 【半沢直樹2】8話ネタバレ!黒崎再登場でお仕置きもある?感想や評判も紹介|最旬エンタメNEWS

直樹 感想 半沢 2 直樹 感想 半沢 2

📞 主力銀行である開発投資銀行の谷川も債権放棄を拒絶• 前回第8話では大物代議士・箕部が妖怪の本性を現し、金融庁の黒崎を左遷させ、半沢を完膚なきまでに叩きのめしましたが、黒崎は半沢に『伊勢志摩ステート』を調べろという箕部という妖怪を退治するヒントを与えてくれました! 今回はその続きとなる15分拡大の第9話のあらすじと感想を妄想をまじえて書かせて頂きます! 第9話のあらすじ 10年前、亡くなった牧野副頭取の葬儀の後、中野渡と智美の会話…銀行を辞めるという智美に中野渡はある事を依頼していた… 現在、半沢は森山と会っていた。 箕部が倒れたら白井も大臣ではいられなくなる。

6
しかし、土下座させようとする時の大和田さんの一筋の涙にバンカーとしての悔しさと、半沢直樹をかばってやりたいという愛情も感じました。 アルファベットはそれぞれ融資に絡む人物や団体の頭文字。
直樹 感想 半沢 2 直樹 感想 半沢 2

⚛ 電脳の経理責任者玉置がキーパーソンか!? 今日の監査の後片付けをしようとしたとき、半沢はこの中に必ず黒崎があっさり引き下がった理由があるはず!そして部下に気になる点を報告させた。 半沢たちは慌ててフォックス買収に関する資料を処分。

そこに紀本が現れて半沢達を責めるが、半沢は紀本に反撃! しかも、半沢には黒崎という助っ人まで現れる! 黒崎はその前に灰谷の前にも現れており、黒崎は灰谷があのアルファベットを書いた事を確定させ、それが紀本の指示だったと吐かせる! また箕部の金の流れは全て紀本が担当していたという事も! 黒崎はその事実をつきつけ紀本を追求! 紀本は最早ぐうの音も出ない。 私もやるべきことを行います。
直樹 感想 半沢 2 直樹 感想 半沢 2

✍ それはいつかきっとこの国にまた明るい未来がくるからだ。 最終回のクライマックスを今から大いに楽しみにしたいと思います。

大和田の頭取への恩返し魂はマジモンなのか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! — はちぷり hachipuri 大和田は忠義の人なんだよなぁ…… やり方は汚いけど— まつもと男爵📈 犬かもしれない ma2moto64 シーズン1で頭取の椅子を狙っていた大和田ですが、シーズン2で頭取に助けてもらって以来頭取への忠義を誓っているようです。
直樹 感想 半沢 2 直樹 感想 半沢 2

✊ でもまさか半沢が前回の予告編で「3人まとめて1000倍返しだぁぁ!」と叫んでいた相手が箕部幹事長と、中野渡頭取、そして大和田だったなんて。

14
桃太郎さんの歌に始まり、まさか灰谷が被害者になるとは。 そこに気がついた半沢(堺雅人)はこれが詐欺で瀬名が騙されているのではないかと考えます。
直樹 感想 半沢 2 直樹 感想 半沢 2

🤪 半沢は「わたしはできると信じてます。 そんな中、大和田も頭取命令で、東京第一銀行 旧T の不正を追っていたが、頭取の判断で箕部に不正の証拠が渡されていた。 不確かな情報でこれ以上営業妨害されたら困る。

14
別の手を打つ。 その後、渡真利とともに紀本の居場所を突き止めて、ホテルの部屋に会いに行った半沢。
直樹 感想 半沢 2 直樹 感想 半沢 2

⚒ 逆買収が成功するまでの流れに興奮しました アッサリと電脳に見捨てられたことで、スパイラルの傘下に入ることを決めた郷田でしたが、さらにアメリカ大手のIT会社が出資することで、みるみる株価が上がっていく様子が面白かったです。 東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは全く相手にされず追い返されてしまう。 カテゴリー• 黒崎は海外口座に隠したの違いない。

18
東京中央銀行の一手に対抗するために半沢はさらなる一手を仕掛ける 感想 今回は金融庁の黒崎(片岡愛之助)の演技が面白かった。
直樹 感想 半沢 2 直樹 感想 半沢 2

🤛 」そして岡社長は企画書をシュレッダーしていた。 黒崎の登場は笑いが止まらない。 白井(政治家)の力は大きく、東京中央銀行の頭取に謝罪させる• 伊勢志摩エステートから定期的に数億振り込まれ、そのうち1000万円は東京第一銀行の元幹部に口止め料を払われた。

14
第3話は、引き続き、Spiralの買収阻止を目指す話• 腹が痛い。 今日の役員会議で辞任となった。
直樹 感想 半沢 2 直樹 感想 半沢 2

🤣 半沢は、UAEの箕部の口座と、伊勢志摩ステートからの出金記録を比較して見せる。 。 大和田は、中野渡からの命令で箕部にこの書類を渡していたのです。

13
コロナというこの閉塞感のある今、 半沢のまっとうな正義、花ちゃんの言葉、 そういうものに救われた人も多いと思います。