整骨 院 接骨 院 違い。 「接骨院」と「整骨院」「整体院」の違いは?

院 違い 整骨 院 接骨 院 違い 整骨 院 接骨

😆 昭和45年ごろ、当時の厚生労働省では接骨院や整骨院は「ほねつぎ」と言う名称しか認められていませんでした。 昭和45年、柔道整復師法が制定されました。 『整骨院』という名称は問題ない。

2
「整体院」とは異なり、そちらはいわゆる 「マッサージ」を行う施設です。
院 違い 整骨 院 接骨 院 違い 整骨 院 接骨

☎ だから安心してください、 整骨院もきちんと認められた柔道整復師の施術所です。 具体的には保険給付の対象となる疾病は、「外傷性の骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れなど)のうち、急性または亜急性の疾病」に限られる。 些細な怪我と思っている程度でも、大きな怪我につながる場合もありますので「病院に通うまでもないかも」と思われていても、整形外科で治療を受けることをおすすめします。

14
やはり正確な診断を得たい場合は整形外科で医師の元、医療的な検査を受け、正確な診断を受ける事が大切かと思います。 このことから、まず交通事故などでむち打ちなどの可能性がある場合には整形外科に行くようにしましょう。
院 違い 整骨 院 接骨 院 違い 整骨 院 接骨

☯ ただし、 「整骨院」にしたところで何か罰則があるのかというとありませんし、開業するときは保健所に届け出を出すのですが、「整骨院」で出しても問題ないことがほとんど。 整体院とはこの、カイロプラクティックに似た骨格の矯正を目的とした手技療法などを受けられる民間療法の施設です。

6
ちなみに、 何か症状が出ている時の検査などは 健康保険適用ですが、 予防を目的や健康診断目的だと 完全に自費扱いとなります。 「整体院」では指圧やマッサージによって体の調子を整える施術が行われます。
院 違い 整骨 院 接骨 院 違い 整骨 院 接骨

⌛ ・各院の特色ある自由診療 接骨院(整骨院)は先程説明した、保険診療だけでなく、自由診療という形で様々な疾患にも対応しています。 まったく知らないと同じもののように思えますが、資格の有無をはじめ、実はまったく異なるもののようです。 「整復」とは骨折や脱臼を起こした箇所を元の正常な位置に戻すことを意味する言葉です。

7
「太田ウィル整骨院」「伊勢崎ウィル整骨院」は、健康保険が適用できる整骨院のため、ぎっくり腰で身体を痛めた場合は、保険適用で施術いたします。
院 違い 整骨 院 接骨 院 違い 整骨 院 接骨

🤩 7%もあった。 この「柔道整復師」の資格は文部科学省が認定した4年制大学や専門学校でのみ取得するこができます。 まとめ 「整骨院」と 「接骨院」は、どちらも同じ意味になります。

背景には1990年代には日本全国で25か所しかなかった柔道整復師養成学校が、養成学校の指定に漏れた業者が起こした福岡地裁での裁判によって規制が緩和されたことが影響して2015年度には109施設にまで増加したことがあるとされる。
院 違い 整骨 院 接骨 院 違い 整骨 院 接骨

😁 整骨院が行う治療には、応急処置としての「RICE処置」があります。 柔道整復師と異なり、骨折や脱臼といった症状を診断し治療することができ、その他の医療行為も行うことができます。

20
しかし、これら以外の治療の場合保険が適用されないため注意が必要です。
院 違い 整骨 院 接骨 院 違い 整骨 院 接骨

👍 そのため、整形外科などの医師免許を持っている病院で治療などを行った方がレントゲンなどでしっかりと患部を診断することができ、信頼性が高いといえます。 国家資格を持たなくてもできるということもあり、さまざまな施術の研究が行われている点も整体院の特徴です。 これらの治療法を症状に合わせて組み合わせ、1日でも早く痛みが解消できるよう、一人ひとりに最適な施術を行なっているのです。

13
【リラクゼーション系】 癒し・リラックスを目的としており、気持ちのよい施術を行います。