タケキャブ 添付 文書。 タケキャブ錠10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

添付 文書 タケキャブ 添付 文書 タケキャブ

✇ 若年者にはPPIのなかでは効果が強いと感じているエソメプラゾールを処方している。 併用注意:• 期間中のご不便ご迷惑を深くお詫びしますとともに、 みなさまのご協力に心より感謝申し上げます。 消化管上部の粘膜損傷形成に対して、ボノプラザンは強い抑制作用を示します。

なお、通常、胃潰瘍では8週間までの投与、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする• 授乳中も同様で、止むを得ず使用する場合は、授乳を避けてください。 その他:• このような「薬の代謝物」がプロトンポンプへ蓄積して作用が表れるため、最大効果を得るためには5日かかるとされています。
添付 文書 タケキャブ 添付 文書 タケキャブ

😭 【フラジール】:シクロスポリン[シクロスポリンの作用が増強される可能性がある メトロニダゾールはシクロスポリンの血中濃度を上昇させることがある ]。 胃腸症状によっては吐き気を催しますが、吐き気止めであるナウゼリン(一般名:ドンペリドン)やプリンペラン(一般名:メトクロプラミド)とも活用されます。

19
4. 〈ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助〉特発性血小板減少性紫斑病に対しては、ガイドライン等を参照し、ヘリコバクター・ピロリ除菌治療が適切と判断される症例にのみ除菌治療を行うこと。 なお、特に理由がない場合は食後に服用しますが、 食前や空腹時(食間)に飲んでも問題ありません。
添付 文書 タケキャブ 添付 文書 タケキャブ

💙 【タケキャブ、アモリン】:高齢者。

7
逆流性食道炎で最初から10mgの場合は、8週を超えても疑義照会していないですね。 。
添付 文書 タケキャブ 添付 文書 タケキャブ

📱 何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

17
食事による影響はほとんどありません。
添付 文書 タケキャブ 添付 文書 タケキャブ

😍 【フラジール ヘリコバクター・ピロリ感染症 】その他: 頻度不明 眼精疲労、疲労、しびれ感。 【アモリン】:ショックが現れる恐れがあるので、十分な問診を行う。 【フラジール】:急性膵炎 頻度不明 が現れることがあるので、腹痛、背部痛、悪心・嘔吐、血清アミラーゼ値上昇等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。

3
1参照〕。
添付 文書 タケキャブ 添付 文書 タケキャブ

🙂 プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人にはボノプラザンとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する プロトンポンプ阻害薬(PPI) この薬をファーストチョイスする理由(2019年11月更新)• 【アモリン】:経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者[ビタミンK欠乏症状が現れることがあるので観察を十分に行う]。 授乳中の婦人に投与する場合には授乳を中止させる。

9
効果の立ち上がりの速さが魅力。 子供がタケキャブを服用することで大きな問題になることはありません。
添付 文書 タケキャブ 添付 文書 タケキャブ

🤔 特定の背景を有する患者に関する注意 腎機能障害患者 腎機能障害患者:本剤の排泄が遅延することにより血中濃度が上昇することがある〔16. 今回の処方が何週目までの投薬かになるかも記載していると良いですね。 患者さんの満足度が高いように感じます。

(50歳代病院勤務医、一般外科)• (60歳代病院勤務医、脳神経内科)• 【タケキャブ】:CYP3A4阻害剤 クラリスロマイシン等 [ボノプラザンの血中濃度が上昇する可能性がある クラリスロマイシンとの併用によりボノプラザンの血中濃度が上昇したとの報告がある ]。 ・リルピビリン塩酸塩 (エジュラント): リルピビリン塩酸塩の作用を減弱するおそれがある。
添付 文書 タケキャブ 添付 文書 タケキャブ

💖 (60歳代病院勤務医、代謝・内分泌内科) PPI この薬をファーストチョイスする理由(2015年1月更新)• 一方でタケキャブの場合、服用して素早く最大での胃酸分泌抑制効果を得ることができます。

4
さらに、再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1回10mgを1日1回経口投与するが、効果不十分の場合は、1回20mgを1日1回経口投与することができる。
添付 文書 タケキャブ 添付 文書 タケキャブ

🤛 なお、アルコール(お酒)についてはタケキャブと一緒に飲むのは基本的にお勧めされていません。 プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人にはボノプラザンとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。 ピロリ菌の除菌への活用 ヘリコバクター・ピロリの除菌にタケキャブを活用することは既に述べましたが、ピロリ菌によって「胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」を発症している人が適応になります。

11
まず、エイズウイルスの増殖を抑えることで抗HIV作用を示すレイアタッツ(一般名:アタザナビル)やエジュラント(一般名:リルピビリン)です。