明 蘭 あらすじ 73 話。 明蘭~才媛の春~(中国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

73 明 蘭 話 あらすじ 73 明 蘭 話 あらすじ

💓 なお970~1127年の宋と宋衰退後の江南に建てた南宋(1127~1279年)と区別するために「北宋」と呼ばれることが多い。

3
母は衛恕意。 母は呉氏。
73 明 蘭 話 あらすじ 73 明 蘭 話 あらすじ

💙 盛華蘭 せいからん:長女。 中国(華流)ドラマ「明蘭~才媛の春」全体のあらすじ概要 「明蘭~才媛の春」予告動画 全73話。 第2話 盛家の側室たちは娘の将来のため、盛紘の母 盛夫人のご機嫌伺いをさせる。

石頭 せきとう:顧廷燁の護衛。
73 明 蘭 話 あらすじ 73 明 蘭 話 あらすじ

😎 しかし、ミイがその帽子に毛糸を一本入れたことからムーミンの家がジャングルに・・・。 亡き母の教えを守り、自分の才気を隠したまま、耐え忍び生きてきた明蘭は、 こんばんは。 幼い頃から聡明で武芸にも秀でていましたが、大人になってからは父親への反抗もあり、放蕩息子として有名になります。

7
【第37話】周到な計画 盛明蘭(せいめいらん)は偶然、盛如蘭(せいじょらん)が文炎敬(ぶんえんけい)と恋仲であることを知るが、秘密にすると約束する。 そんな逆境にもめげず反撃の策を練った盛明蘭は、ある作戦のため常(じょう)ばあやの手を借りることに…。
73 明 蘭 話 あらすじ 73 明 蘭 話 あらすじ

⚡ 第40話「花火の秘密」• その中で、北斉の皇族であり、美しさ故に戦いに赴く際には仮面をつけている不敗戦神・蘭陵王がいた。 誰かが薪を持ち出したらしいのです。

負ければ結納品を渡すという約束だ。 王若弗 リュウ・リン 大廟に祀られるほどの文人を出した名門・王家の出身。
73 明 蘭 話 あらすじ 73 明 蘭 話 あらすじ

👏 盛墨蘭 せいぼくらん:次女。 劉氏 りゅうし:王若弗が娘の時代から仕える侍女。

16
中国歴史ドラマ「 明蘭-才媛の春ー」は、中国の宋(北宋)時代の官僚一族の繁栄に社会の変化や発展を投影し、その中で家族のあり方や女性の生き方を描いた時代劇ホームドラマです。
73 明 蘭 話 あらすじ 73 明 蘭 話 あらすじ

😅 ようやく康夫人が退場だー!やったー!斉衡がきてまたややこしくなると思ってましたが、さすが顧廷燁!めちゃくちゃかっこよかったー 涙を流し顧廷燁が生きていた事を喜ぶ明蘭、二人は笑みを浮かべながら自分の子供たちを見る。

7
春が来て、ムーミン谷の人々が目覚め始めましたが、ムーミン一家だけは冬眠から覚めることなく深く眠ったままです。
73 明 蘭 話 あらすじ 73 明 蘭 話 あらすじ

😋 この時から彼は彼女を妻に迎えることを願うようになります。

長年正妻の王若弗と争っている。